パソコン作って、経費節約しませんか?

自作パソコンの長所

自作パソコンに挙げられる良点

自作パソコンは確かにメーカーからの補償もなく、何か異常が見られた場合には全て自分で解決しなければならないということを考えれば、結構手間の掛かることかもしれませんが、きちんと長所だって存在しています。では自作パソコンの長所というのはどんなことを指しているのでしょうか?自作パソコンを良いところを知れば、もしかしたら興味が沸いてくる、かも!?

余計なパーツを搭載する必要がない

パソコンに詳しい人であるなら、自分のニーズにあったパソコン選びが非常に上手だったりします。ですが、どうしてもメーカー製品の場合にはこれは絶対自分には必要のないものがついている、というパソコンもあります。基本的にそんないらないパーツ関連を外してください、といった細かな注文は出来ませんからね、特にオーダーメイドといった特殊なケースの場合では。

自作パソコンではそうした自分が不要と考えているパーツを省き、また必要に応じた部品を強化することで自らのニーズに最適なパソコンが手に入る、というのが主な理由です。頻繁にパーツ交換をしたり、目的が明確に存在している場合には、メーカー製品のパソコンよりかは、安く済ませられる最もな理由になりやすい。メーカーに搭載されていないドライブを使えるようにすることも含まれています。

自作PCの底力をみせてやりましょーー!

自分のニーズを第一に

メーカーモデルで良い商品が合ったけど、何だかいらないものばかり存在しているし、ほとんど使う予定がないという場合には無理に買う必要もないでしょう。いつか使うかもしれない、なんて仮定の言葉は基本的にあてになりません。いかに自分のニーズにあっているのかどうかということを考えて、メーカーのモデルの中に自分の要求を満たすことの出来る現行モデルが存在していなければ、必要なパーツだけを収集して組み立てる、ということをしたほうが良いかもしれません。前述と少し被っていますが、ニーズの問題によって変わってきます。

好きなOSを利用できる

OSに対しての知識があれば、Windows以外のOSを使用することが出来る。もちろん最低限のプログラムを理解していなければ不可能なので、知識皆無の人は下手に違うOSで挑戦してみよう、なんてしたら自分が痛い目にあってしまいます。

どうしてOSの自由度が長所なのかというと、メーカー製品だと自分が要らないソフトに関しては状況に応じて自分で削除しなければならないのです。その点、自作の場合は全てまっさらな状態なので、必要に応じた最低限のソフトだけをインストールすれば良いということなのです。

原因が特定しやすい

様々なプログラムプリインストールされているメーカー製品だと、パソコンに異常が見受けられるときに調べたら、実は意外なところに原因があったりするなんて経験ありませんか?自作パソコンにおいては、余計なソフト関係が存在していないため、スタートアップのプロセスやレジストリ設定がされていない環境が用意されているので好都合なのだ、そうすると何が以上の原因なのか特定しやすい、ということに繋がるのです。

パソコンケースの個性化

パソコンケースを自由に選び放題なので、シンプルなものから、規制パソコンではまずありえないようなデザインの者まで、自分の好みに合っている、もしくは使い方に合わせての者を作ることもできるというのが魅力となっている。一般的な自作用ケースは多くのメーカー製パソコンよりも若干大型で拡張性が高いこともあり、パーツの交換や増設が容易となっているのも特徴的となっています。

独自パーツを使用できる

メーカー現行モデルではほとんど使用されていない、もしくは市販されていない規格パソコンを作ることも出来ます。また独自に開発した規格パーツや構造を多用しているメーカー製品とは違って、自作製品はケースのシャーシなども含めてパーツがほぼ完全に規格に沿ってモジュール化されているパーツ単体での交換が簡単に行なえる。そのため、冷却能力野生音声などに不満が生じた、もしくは故障したときには、適合するパーツがほぼ確実に入手することが出来ます。

迅速に対応できる

自作パソコンという事で、自分が作った事でもあるため仕様が明確に把握しているのは当然ことです。そのため故障時にはどこが壊れてしまったのかを把握するのも簡単であり、そこに用いるための大体パーツの調達さえ行うことが出来れば、万一故障という不足の事態にも対処することが出来る。事前に予備パーツを用意しておけば、お店が閉まっている時間でも酒得るすることが可能である、というのは大きいでしょう。

壊れても修理期間は短くて済む

自作パソコンが故障したとき、パーツを単体で修理に出すこともできて、代替パーツがあればパソコンの使用不能期間を短縮できる、というのは何ともいいメリットではないだろうか。メーカー製品を修理に出すと最低3週間、長くて1ヶ月以上掛かったりする場合も十分にありますから、その時間を考えるととても有意義に時間を過ごせそうですね。

パーツの変更も容易

ドライバが固定されていない状態からインストールを行なうために、パーツの変更が容易である、というのも良いことだ。

COTORI-DO.JP