パソコン作って、経費節約しませんか?

ホワイトボックスって知っていますか?

ブランドを持たないパソコン製品

自作パソコンの系列で、特定のブランドを持っていないパソコンである『ホワイトパソコン』というのを見たことがあるのを聞いたことありますか?SONYの「VAIO」といったようなブランド名を持っていない、卸売業者や販売店、ソリューションプロバイダーなどが自社のブランドをつけて販売するプライベートブランドパソコンやショップブランドパソコンのことを指している。日本では少し馴染みの薄い商品かもしれませんが、アメリカではこうしたホワイトパソコンが普及していたりしています。日本人はこういったぷラーベーとブランドに関してはどこか抵抗感があるという人も多いですので、基本的にはメーカーが発表しているパソコンか、もしくは自作パソコンを使用している人が大半でしょう。

ホワイトパソコンといっても広義的にはナショナルブランド以外の中小零細企業が組み立て・販売しているパソコンの総称となっており、狭義にはデスクトップパソコン型のホワイトボックスのことを指している。ノートパソコンのことはホワイトブック、タブレット型パソコンはホワイトボックスタブレットと呼ぶこともある。また、ホワイトボックスを組み立てるメーカーのことをホワイトボックスビルダーやシステムビルダーと呼ぶこともある。

概要

『ホワイトボックス』の本来の意味は、仕様が公開されていることを指している。1980年代に発表されたPC/AT互換機は部品の使用が公開されており、その使用に従って作られた部品を世界中から安価に調達してパソコンを組み上げる事が出来たことを意味している。ホワイトボックスはこの仕組みを最大限に活用して、問屋などの流通経路から汎用部品を調達し、受注生産で組み立てたパソコンを創り上げている。一方で、大手家電メーカーなどのナショナルボックスは部品メーカーと直接交渉して、専用部品や汎用部品を調達して、見込み生産で組み立てたパソコンとなっている。ホワイトボックスの法が製造のリードタイムや納期、部品調達の柔軟性に優れており、在庫が発生しないということもある。

また、ホワイトボックスはパーツ単位まで分解して切り分けるとほぼすべてが汎用部品やベアボーンなどの既製品やパーツメーカーが業務用向けも出るとして設計・製造した汎用パーツで、これをベースとして組み立てられていることも特徴となっている。大半の製品の構造は同様に汎用部品を使用して組み立てる自作パソコンに似通っている。製品の規格・開発の部門もいわばパソコン組み立て業のそれに特化したものになっているため、設計や顕彰などの部門は省略ないし、大幅に簡略化しており、専門知識や技術を持つ高度な専門職の雇用も最小限度に済ませ、国産ブランドと比べたら人件費やトータルコストを大幅に圧縮しているのも一つの特徴といえるだろう。これがホワイトボックス。メーカーの価格競争力の根源になるのだった。

2000年代以降には、日本のホワイトハウスボックス・メーカーのトップ企業の生産規模は拡大していき、1社で1年間に数十万台売り上げるところも現れるようになった。これは国産ブランの下位グループに続くスケジュールであって、マイクロソフトや大手パーツメーカーが特定の大口取引者として何らかのプレミアを付与しているメーカーも日本国内に複数存在しているのだ。売上高は数百億円規模で上場して資金調達をしたり、企業グループを形成してサプライチェーン・マネジメントで経費を削減しており、かつての牧歌的な家内工業の時代とは別次元の競争になっているものの、その半面でパソコン自体の生活化電化が平行して進んでいき、また海外のパーツメーカーのホワイトボックスの日本市場への参入も相次ぎ、国内の既存各社はいずれも販売数量も利益率の工場などに頭を悩ませている一面もあった。

自作PCの底力をみせてやりましょーー!

生産体制

ホワイトボックスはパソコン専門店が店頭で部品を一から組み上げて自作し、ショップブランドとして販売するイメージがある、という方は大半でしょう。この見解は間違っておらず、1990年代中盤までは『DOS/Vショップ』においては、この販売形態で商品の取扱を行っていた。その後1990年代後半になると産業化が進んだことによって、工場で馳せる生産方式やライン生産方式で生産し、法人向けに大量のカスタマイズの手間を省くコンフィグレーションサービスを提供している会社もある。

一般的にホワイトボックスでは大手電機メーカーの国産ブランドは付けられている製品よりも、低価格に設定されており、また低価格による競争力を確保しなければ立ち行かないことになっている。このため、声望・物流やこれにまつわる各種人件費などのコストの削減はメーカーにとって重要な要素となっており徹底されているのが、現状となっている。メーカー各社は部品の共同購買の仕組みを作ったり、メーカー同士で合併したりして、それぞれの経営の方を持ちつ持たれつつをしている。

またパソコン部品の陳腐化が激しいことも特徴となっており、月に平均で6%~10%、最悪で30%も価格が下がって損が出てしまうので、受注情報を10分単位で部品商社と共有するITシステムを構築する企業も存在している。

こうした状況の中で作られているホワイトボックスメーカーでは、通信販売で自社製品を販売したり、家電量販店やパソコン専門店に供給されたり、店頭で販売されるものの多くは店頭では各社の『ショップブランドパソコン』という名目で販売されている。

沿革

  • 1984年 - IBM PC/ATがヒットした(前身のIBM PCは1981年)
  • 1990年 - DOS/V発表。PC/AT互換機で日本語の表示が一応は可能になった
  • 1992年 - サードウェーブが屋号を「DOS/Vパラダイス」に改名した
  • 1993年 - マウスコンピューターやツートップが開店した
  • 1995年 - パソコン工房が開店した
  • 1996年 - KOUZIROが秋葉原に出店し、FIC販売(現・CTO株式会社)がヤマダ電機で販売を始めた
  • 1997年 - アメリカで「サブ1000ドルPC」が人気となり、ホワイトボックスが普及した
  • 1998年 - フェイスが開店した
  • 1999年 - イングラムマイクロとソフトバンクの連合体や、大塚商会と内田洋行とプロトン株式会社の連合体が日本でホワイトボックス事業を始めた
  • 2001年 - インテルが、シネックス日本法人などに部品供給を始めた
  • 2003年 - アロシステムがユニットコムを買収し、世界最大規模のホワイトボックスPCチャネルと言われる一方で、大塚商会の「αランド」が閉店した
  • 2004年 - 家電量販店での販売が好調で、MCJが東証マザーズに上場し、ヤマダ電機がKOUZIROを子会社化した。マイクロソフトがホワイトボックス向けにWindows Media Centerの供給を始めた
  • 2005年 - インテルがチャネル製品事業部を新設し、MCJがシネックス日本法人を買収した
  • 2007年 - MCJがアロシステムを子会社化した(その後ユニットコムに社名変更)

その後のホワイトパソコンの状況

結論から述べると、先行き不安という言葉が良く似合うほど、その力は徐々に弱くなっている。全盛期よりもはるかに売り上げが下がる結果を記録している中で、国産ブランド製品の業界販売シェアも、伸び率はメーカー側が期待したほどの伸び率は期待されていたほど反映されることはなかった。そんな中で外資系メーカーが次々に業界に参入していき、競争相手が増えるに増えていくばかりとなってしまうのだった。本来はパーツメーカーとして供給していた企業も業界に参加し始める形となってしまったため、国内ショップブランドを取扱っていた会社も赤字を記録してしまい、撤退を余儀なくされてしまったところもある。

日本のみならず、世界的にいえることとしては、2000年代後半にはノートパソコンやネットブックが急激に普及していくことになり、両製品を比較すれば可搬性に何があるホワイトボックスにとって厳しい時代となってしまうのだった。ホワイトボックスのシェアは世界的に減少していると考えられており、パーツメーカーからはノート型のホワイトブックも出現するなどの動きが出るも、市場やパーツメーカーからの部品を安値で大量買付けできる余剰部品の流用という事で対応しきれない問題も発生するようになってしまった。

日本では売上自体が下がるような自体になったが、世界各地では以前と安値名ホワイトボックスの販売に関しては校長を記録しており、中国・インドを始めとした国々では年々需要が上がる一方になるのだった。

技術的に先進している日本では、今後売上的なものを考えるとよほどの確信が見込めなければ業界の規模が縮小する他ないが、海外でまだパソコンというものを取得していない国々で商品展開をするような動きを起こすことが出来れば、今後も展開としてはまた違った形になるだろう、と考えられる。

COTORI-DO.JP